ゴン太と散歩

玄関を出たり入ったりするたびに、ゴン太が出てくる。

初めのころは、出るとすぐに腹ばいになってキョロキョロ辺りを見回していたが、昨日はピョンと飛び出すとトコトコと歩き出した。

あわてて持っていた荷物を放り出して、ゴン太のしっぽを捕まえる。

しっぽを捕まれてもトコトコと歩いていく。

しっぽを持ったまま右隣へ、Uターンして左のお隣へとお散歩になる。

いきなりドアが開くと、あわてて家の前へと逃げるけど、中には入らずに、様子を見ようと振り返る。

「ゴン太、見つかるとチョットやばいのよ」 家の中へ押し込むと憮然としている。

しかし、また開くだろうとゴロンと横になってドアの前で陣取っている。

リードをつけて裏の公園に散歩に連れて行きたいけど、夜は犬を放して遊ばせている人がいるのでムリ。昼間は子供が多いのでもっとムリ。

  ゴン太 残念ね!

| | コメント (4)

いたずら復活!

ゴン太メが復活しました。

締め出されて登った障子の敷居がえらく気に入ったようで、朝も早よから障子をよじ登る音がする。

飛び乗るのが下手だから、50~60センチも飛ぶと、あとはバリバリよじ登る。

おかげで襖は、とほほ・・・

敷居からベランダの窓の上を通って洋服ダンスへ、ソコにおいてあるリュックサックの上で一休みしてから箪笥の上へと、お散歩コースが出来てしまった。

ゴン太のことだから言っても聞く耳は持つまいと、怒るのも諦めた。

後は気が向いたときに、気が向いたところから下りてくる。いや、落ちてくるのかも。

昨日は、寝ている足の上に着地されて飛び起きた。

やれやれ ゴン太が復活してしまったか!

| | コメント (1)

ゴン太復活か?

いたずらゴン太復活か?

いえいえ ゴン太のおばかはいつまで続くのか? それが知りたい。

また、おばあちゃんの布団におしっこをした。

何時されたのか気づかなかったらしい。

このところ大人しかったので、遊んでやらなかったせいかしら?

またまた 部屋の出入り禁止を言い渡され、襖を閉められてしまった。 

が、開いていた襖の上の障子の敷居に飛び乗った。

敷居の上を行ったり来たり、下りるところを探しているが、おばあちゃんの部屋は、手の届くところにいろいろな物が置いてあるので降りられないでいる。

しょうがないから下ろした。

それが今朝は、向こうへは下りられないから、こっちのプリンターの上へ飛び降りている。

それも何回も。 もう~ 壊れちゃうでしょ!

おばあちゃんも呆れて襖を開けてくれた。

ゴン太、遊び相手になってあげるから おしっこはトイレだよ!

| | コメント (2)

ゴン太が変?

♪山姥さんちのゴン太くん

    この頃すこし変よ

      どうしたのかな? ♪

この頃ゴン太がおとなしい。

いたずらもしないし あばれないし。

食欲は一頃ほどはないが、カリカリをよく食べている。

缶詰は飽きたみたいだけど、欲しがるので、いろんな種類を一つづつ買って来た。

ふたを開けるとお愛想に一口食べるか、開けたとたん

「あら! 行っちゃった」 てなことが続いてる。

仕事から帰ってくると玄関で待っていて、通路に出てくる。

あわてて首を捕まえると床にペタンと腹ばいになって

キョロ キョロ 周りを見ている。

2,3分して家に入れられると諦める。

まだ出ていたい時は、玄関でひっくり返ってお腹を見せ、足にじゃれて来る。

その後が非常におとなしい。

    どうしちゃったんだろう?

それに、よくビクつくようになった。

匂いを嗅いでいたりしている後ろで、ドンを音を立てると

20~30センチも飛び上がる。

着地したところに何かあるとさらに飛び上がる。

何をそんなに怖がってるの?

    ホントにこの頃変ヨ!

| | コメント (4)

ゴン太の秘密・・・

最近パソコンが終わると目の焦点が合わなくなるようで、物が見難くなるのと、また高尾山に登って疲れてしまい、UPをサボってしまった。

今回はゴン太の秘密を教えちゃいます。

昨年おばあちゃんが、白いのでも黒いのでも良いからネコほしいと言い出して、ペットショップを2,3軒回ってみた。

白くておとなしそうなナスコテイッシュの子がいいと思ったのだけど、今おなかを壊しているのですぐには連れて帰れないといわれた。

クーヤンが家に来たころもよくお腹を壊し、病院に連れて行ったりして大変だったので、抱っこをいやがって、抱えた腕から落ちそうで、よく見ている間もなかったけど、隣のケージで飛んだり跳ねたりしていた元気そうな子に決めた。

連れて帰った日は、飲まず食わずで固まっておばあちゃんの布団の中にいた。

翌日、仕事から帰ると、「水も飲んだし、餌を食べて遊んでいたよ」 と聞いてホッとしたのはつかの間、それがいたずらゴン太の始まりでした。

おばあちゃんに「この子、お腹に白い毛があるよ」 といわれて、お腹を見たら「あら! まあ~!」 であった。

写真では見難いけど、下腹と人のオッパイに当たるところに、指で押したくらいの大きさで、ゴンパパの白い毛が、女の子でなくてよかった(?)なんて思うような妙な形で出ていた。

ゴン太 恥ずかしいから、ひっくり返ってポンポを見せるのはよそうね!

| | コメント (4)

ゴン太のカリカリが・・・

近くにあるペットショップが明日閉店します。

併設されていた病院もなくなり、ゴン太のカリカリが・・・

病院には去勢手術のときにお世話になっただけですが、試供品で頂いたカリカリが気に入って、取り寄せてもらっていました。

試供品と前から食べていたカリカリを混ぜてやったら、試供品だけ食べたほど好きだったので、少し余分に取ってはありますが、困ったな~と思ってます。

編みぐるみの猫を作って見ました。

むずかしいですね。 何回編みなおしたやら・・・

出来上がったのを見て、母は 「怖い顔してる。可愛くないね」って言ってました。

作った人に似たのでしょう。

記念写真を撮りましたが、ゴン太も迷惑そうです。

| | コメント (4)

コメットさんも・・・

金魚のきんちゃんのあとを追うように

コメットさんも逝ってしまった。

水を飲んじゃダメっていくら怒っても

自分の水呑みだと頑張ってたゴン太、

空っぽになったバケツを片付けられて

「どうして?」ってな感じで、うろうろしてた。

昨日は、おそっさまの縁日だったけど

金魚やさんは 出ていなかった。

| | コメント (2)

金魚のきんちゃん

金魚のきんちゃんがまた卵を産んだ。

おばあちゃんが「お婿さんを買ってきて」というので、縁日の金魚やさんに行った。

金魚やさんに「雄の金魚ください」といったら、「赤白の子が生まれたら可愛いよ」とコメットさんを進められて買ってきた。

最初は、きんちゃんの1/3も無い小さなコメットさんを追い回していたけど、そのうち仲良く並んで泳いでいた。

昨日高尾山から帰ってきて、服を脱ぎながらバケツを見たら、きんちゃんが浮かんでいた。

コメットさんが来て、まだ10日にしかならないのに、卵とコメットさんを残してきんちゃんは死んでしまった。

金魚の寿命は10年と聞いていた。

家に来て11年になるきんちゃんはきっと大往生だったんだね。

今度はコメットさんのお嫁さんを買って来なくちゃと思いながら、公園の片隅にきんちゃんを埋葬してきました。

きんちゃん 長いこと有難うネ。

| | コメント (5)

ゴン太とネコ草

ゴン太にネコ草を買って来た。

早速草を咬もうとしている。

ん?!  咬めない。

クーヤンにしてやったように、

草の柔らかそうなところをとって、両手で持って食べさせてみる。

アグ アグと咬む。

ん?!  草が落ちて食べられない。

2,3回咬んでみたがやはり落ちる。

あ~ 諦めて行っちゃった。

翌朝草が一本落ちていた。

食べられたのかな?

その後、ゴン太に見捨てられたネコ草は

ボーボーと伸びるだけ伸びて、枯れた。

| | コメント (5)

ハチが・・・

今日は朝から大騒ぎ

部屋の中をドッタン、バッタンと走り回っている。

何をしているのだろうと見ると、ベランダから入り込んだハチを布団の上で捕まえていた。

あわててゴン太をおばあちゃんの部屋に閉じ込める。

しばらくしてから、恐る恐る布団を振るってみる。

ハチはいない ヨカッタ!

すると、おばあちゃんが

「こっちでゴン太が暴れているヨ」というので行って見ると、

布団の上のハチに、チョッ チョッ と攻撃中。

ゴン太に追い回されて弱っていた?ハチを捕まえる。

面白いおもちゃを取り上げられたように、ウロウロと探しているが、

ゴン太 刺されちゃいないだろうネ

| | コメント (5)