« 困ったちゃんに一言 | トップページ | おバカなゴン太です »

男の子&女の子

ゴン太の大好きな銀杏の木に

何てことするのannoy

気配を感じて山姥を振り返った男の子に

声を出さずに唇を動かした。

男の子はビックリして木の陰に隠れたが

そっと覗いてみたら山姥がまだ見ているのに困惑したようだ。

男の子は山姥を振り返り、振り返りトイレに行った。

銀杏の木から4、5m先にはトイレがあるんですよ。

子供だからって立〇ョンはダメよannoy

小学校の2年生ぐらいの女の子が声をかけてきた。

おばさんと言いかけておねえさんだってhappy01

お家で女の人にはお姉さんと呼びなさいと言われたのかな?

おばさんに何か御用?って言ったら

ほっとしたように

おばさん このネコなんていうの?

って聞かれた。

そういえば、カンちゃんもママのお姉さんを「ねぇね」って呼んでたっけwink

おばさんと呼ばれて嫌がる人もいるけど、山姥なんだからおばぁちゃんて呼ばれても返事しちゃうよhappy01

Dsc06749

   ゴン太が行き倒れてましたsmile

にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ
にほんブログ村  こちらもポチッとよろしく 

|

« 困ったちゃんに一言 | トップページ | おバカなゴン太です »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山姥さん!
なにげなくインターネットでクー治の病気を検索して「ショック」です。
猫の乳腺腫って猫の病気第3位だって!
生存率も!
そのままにしておいて手遅れの場合腫瘍がはでて膿が出て・・・毎日洗滌と包帯の交換・・・
今治療中だけど肺とかに転移していた場合・・・
検索しなければよかったと後悔です。
夫殿は先生が付いているから心配しないようにと言いますが・・・
 ・・・のところは適当に理解してね。
今はまだ元気そのままでどこが悪いの?と思うくらいさ。
でもふと、もうすぐおわかれ?と思うといっそうそばで抱っこしていたいよ〜
 ごめんね!愚痴をこぼしてしまった。

投稿: せせらぎ | 2012年9月10日 (月) 15時43分

tulip せせらぎさん
それはショックでしたね。

症状を聞いて40年近く前のことを思い出したんだけど・・・
母も私も若かったから、うちの子外の子あわせて30匹以上の猫たちが出入りしてても気にならなかったの。
その中の1匹にすばしっこい子がいて、家の子にやっているエサを横取りする困った子がいて、いつも怒っていたんだけど、最後に残った3匹の中の1匹になったころには、お膳の前に座って自分の番が来るまで良い子で待っているようになったの。
その子のお腹に異変を感じて獣医さんに連れて行ったときに、手術をすることで命を落とすことの確率が高い、このまま可愛がって命を全うさせた方がよいと言われました。
昔のことだから、病名なんて聞かなかった気がします。

腫瘍は直径5センチ、高さが1センチくらいにまでなりました。
毎日包帯を取り替えましたが、痛がりもせず大人しく取り替えさせました。それには救われました。

せせらぎさんにはきつい話でしたか?
そうなっても1年以上元気でいましたよ。
可哀想だけどクー治君はまだ手術が出来るのだし、いっぱい いっぱい可愛がってあげてね。

私で良ければいつでも愚痴を聞くから、遠慮なくネ。

投稿: 山姥 | 2012年9月10日 (月) 19時02分

山姥さん
すぐのお返事ありがとう。
昔は獣医さんは牛や馬が主でしたよね。
犬や猫を病院へ連れて行くなんて笑われた。
今は違いますが、人によっては・・・ね!
私も昔はその一人だったかも。
何匹もの猫と出会いと別れを。
15年も我が良き友として暮らした子はクー治が初めてです。この年月は代えられない思いになってつながっています。
へんな話治療代だって何回も美味しい物を食べに行けるくらいかかります。でも私には代えられないものです。
次回病院へ行ったら先生に聞きます、覚悟が必要か。「そこまですすんでいないよ」の言葉を聞きたい。
今も眠っていたはずなのにもう後ろでじっと待っています。
 山姥さん!包帯の交換していた時の気持ち
涙がこぼれます。
いつもクー治の事を気にして下さりありがとう。

投稿: せせらぎ | 2012年9月10日 (月) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 困ったちゃんに一言 | トップページ | おバカなゴン太です »