« モリー画伯まで・・・ | トップページ | ボクが最近いい子だと »

ハオコ

今朝の新聞に

動物にも心の傷?

地震の時のことが載っていた。

井の頭の象のはな子さんは「パォー パォー」と悲しげに叫び続け、「象をいじめているのか」と心配する電話が入ったとか

2頭のパンダは、激しい勢いでパンダ舎の中を走り回っていたとか。

ニシローランドゴリラの1歳半のコモモは、母親のモモコとつかず離れず、父親のハオコとは距離を置いて暮らしてきたそうです。

震災直後からコモモはモモコにしがみつき、その母娘をハオコが両腕で抱き守るようになったと書いてあった。

Dsc05061

野生のゴリラは1頭のオスと数頭のメスそして子供たちと、群れで暮らしています。

子供の頃から1~2頭で暮らして来た動物園のゴリラたちは、ゴリラ学?を学ばないまま大きくなります。

上野のゴリラの多くは世界の動物園から集められたので、寄り添ったり、毛づくろいをしあったりという親密なしぐさは見られないそうです。

ハオコはオーストラリアのタロンガ動物園で、兄弟姉妹と育ったので、ゴリラの社会性?を身につけ、付き合い上手だそうです。

ゴリラの出産は4~5年に1回、モモコの妊娠はもう少し先になるかもしれませんが、家族の絆が深まれば次の期待も出来ようというものです。

がんばれ ハオコ!

がんばれ 父さん!

にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ
にほんブログ村  こちらもポチッとよろしく 

|

« モリー画伯まで・・・ | トップページ | ボクが最近いい子だと »

動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モリー画伯まで・・・ | トップページ | ボクが最近いい子だと »