« 布団が重くて | トップページ | ゴン太は怒っていた »

ゴン太は頑固です

何回も、何回もフェンスを潜ろうとしているので

強引に公園に引っぱって行ったけど、

お義理にぐるっと回るとnote元へと戻るnote

南京玉すだれじゃないんだから、それはないでしょ

Dsc04441

というより、これは綱渡りか

Dsc04442

ゴン太! 何をたくらんでる?

下を見てごらん、きれいなお花が咲いてるよ。

Dsc04440 Dsc04443

リュウキンカ、水仙

植えたことがないのに咲いた花 リュウキンカ

この水仙も変なのよ、確かにミニの黄色い水仙を植えたのに、いつのまにか日本水仙になってるの。丈はミニだけど。

Dsc04448_3 

寝起きのゴン太です

ゴン太! ブスだねぇ 

にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ
にほんブログ村  こちらもポチッとよろしく 

|

« 布団が重くて | トップページ | ゴン太は怒っていた »

「猫」カテゴリの記事

コメント

ゴン太くんcat
ブスかわゆすlovely

投稿: kazz | 2011年1月29日 (土) 22時31分

これは〜、うまいですね綱渡り。
ゴン太君は身軽ですね〜!
これだけ出来るから、あっちこっち行きたくなるのですね^^、
寝起きなんですね〜、かわいいですね。

投稿: 草之丞 | 2011年1月29日 (土) 22時46分

o(*^▽^*)oゴン太君もやっぱりshinecat
こだわり派ですねscissors
猫ちゃんにもわんちゃんにも必ず何かありますねshine
個性と言うことで・・
振り回される山姥さんは大変かもしれませんが・・coldsweats02
ぼちぼち参りましょうgoodshinecafe
冬でも可愛らしい花が咲いている事は羨ましいですshineheart04

投稿: ケレス | 2011年1月29日 (土) 23時17分

眠たいゴン太の顔すき〜
ゴン太は活動派だから、ぐっすり眠るでしょ?

投稿: せせらぎ | 2011年1月29日 (土) 23時19分

花より団子でもなくやっぱりフェンス
潜ってニャンコ確認
思う存分したいんだね。
山姥さんのご都合もあるからねゴン太君happy02

もう少し寝たいんじゃないのそのお顔は
きりっとしたお顔も良いけど
寝起きの顔も可愛い。heart04

投稿: すみれ | 2011年1月30日 (日) 11時45分

ゴンちゃん・・最高、綱渡り・・フェンス渡り。good
細い塀の上を、上手に歩くのよね。おいおいそこんとこは、私達は歩けないいのよ・・。ましてや山姥さんには・・・。ネ。

ねぼけ顔のゴンちゃん、可愛い~ようlovely

投稿: こでまり | 2011年1月30日 (日) 19時59分

私もブスかわゆすheart04に1票!
この愛嬌のある顔がたまらないですnote

投稿: kumaron | 2011年1月30日 (日) 22時17分

bell kazzさん
アリガト。。。ブスネコよりwink


club 草之丞さん
危なっかしそうに歩きます。
その時は真剣な目をしていますよbleah

寝ぼけていたのか、この時はこの顔で、しばらくボォ~っとしていましたcoldsweats01


wine ケレスさん
ゴン太の個性は強すぎますcoldsweats02
でも、それも若いうちだけかなと思って、付き合っていこうと思っています。
花壇では上記の花のほか、ノースポール、キンセンカが元気です。
降水がないから、水まきが大変です。
ケレスさんのところはまだ雪景色ですか?

投稿: 山姥 | 2011年1月31日 (月) 21時28分

tulip せせらぎさん
ゴン太は学習が苦手ですが
山姥がトイレに入ると、どんなに爆睡していても起きてきますsad
山姥→出かける前→トイレ
学習しちゃったようですcoldsweats01
「出かけるときは僕が優先」って思っているゴン太です。


ribbon すみれさん
「ニャンコ確認命」
そんな感じですbleah
ニャンコも山姥もいい迷惑です。

起こしたわけではないんですけど
寝ぼけていたようですhappy02

投稿: 山姥 | 2011年1月31日 (月) 21時40分

apple こでまりさん
少しでも高いところへ上るとニャンコが見えると思っているようです。
少しでも気配があると登ります。

山姥がフェンスに登れば、
フェンスがつぶれるcrying


yacht kumaronさん
ブス顔ほめられちゃったhappy01
アリガトニャンheart04

投稿: 山姥 | 2011年1月31日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 布団が重くて | トップページ | ゴン太は怒っていた »