« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

暗がりのゴン太

今日は日陰でも38度ありました。暑かったですね~

ゴン太と散歩に出たときもまだ暑さが残ってました。しばらくするとかなり強い風が吹いて、あの暑さを吹き飛ばしてしまいました。

白ちゃん親子も夕涼みをしていました。

  Dsc00955

階段を下りたゴン太は、

  Dsc00956

しっぽを膨らませて威嚇してます。

せっかく涼んでいたのに、親子は逃げ出します。

もう、意地悪ゴン太め!

公園では3,4家族が花火を始めた。風が強いけどそばに燃えるようなものが無いからいいのかなと思ってたら、おまわりさんがやってきた。

おまわりさんは注意しただけだったようだけど、帰りにゴン太をジ~と眺めてた。

暗がりに伏せをして土と同化しているゴン太を何だろうと思ったに違いないが、ネコだとは思わなかったかもね。

| | コメント (0)

青い空

いきなり木に駆け上ったけど、セミは鳴きながら逃げてった。

思ったより高く登ったらしくて、降りながら下を見たとたん1mほどずり落ちてきた。

おっとっと ゴン太気をつけて。

  Dsc00949

セミの鳴き声を聞きながら、登れるかな?と考え中です。

今日のゴン太はひたすら待ちのモードだったけど、誰にも会えずに階段を登った。

踊り場でも下を覗いて待っている。

山姥は階段に座って、ゴン太が帰ろうと言うのを待ちながら、空を眺めていた。

7時を回って日は落ちてるのに空が青い。夜こんなに青い空なんて見たことがあっただろうか。

真っ白い雲の塊が、南から北へ流れていく。

風に吹かれて心地よく思う時に感じるような、なにやら心地よい不思議な眺め。

  Bdsc00951

腕が悪いのか、カメラが悪いのか、あの不思議な感覚をお伝えできなくて残念です。

| | コメント (0)

アリ

ゴン太が連れてきたのか? 植木鉢についてきたのか? 2,3日前からアリが出没するようになった。

アリの巣ころりを買ってきた。顆粒タイプの黒蜜配合だそうだ。

シールを抜くだけと書いてあったのでシールを抜くと、パラパラと顆粒がこぼれた。

ちょっと なにそれ!

ゴン太がアリを押しのけて顆粒にありつこうと、強引に割り込んできた。

  Dsc00945

いくらアリより体が大きかろうと、それって ヤバクネ~

掃除機が大嫌いなゴン太の背中をノズルで擦っても、薬剤の入ったケースを抱え込もうとする。

そんなにおいしそうな匂いがしたの?

顆粒は殆ど掃除機に吸い込まれちゃったけど、残りを運んでったアリはどうなったかな?

しかし まぁ ゴン太とアリの好みが一緒だったなんてね~ 

| | コメント (0)

また見えた

テレビを見てたら窓の外が赤い。火事にしては変だし・・・

  Dsc00934

虹の柱が立ってた。

3階の友達にメールを送る、虹だよ。

返事が来た、見てるよ。

  Dsc00941

ゴン太はチャトラを追いかけて球戯場にいた。

ぺぺちゃんのお母さんがフェンス越しに話しかけてきた。

お母さんは、白ちゃん親子の餌の世話をしているそうで、白ちゃんに手術をさせなければと言ってらした。

頭が下がります。

そうするべきだと思います。でも、

ゴン太のときも、前にいた子達のときも、私とても凹むのです。

猫のため?  人間のため?

罪悪感を持ってしまって。

そんな話しをしているとも知らないゴン太は、網目からすこし指を出しているお母さんの匂いを嗅いでいた。

| | コメント (0)

外つ国の・・・

今日も暑かったですね~  風は強いけど熱風でしたwobbly

  Dsc00926

ゴン太~クーラーつけるよ。窓閉めていい?

夕方の公園には外つ国(とつくに)のお母さんと4姉妹が遊んでいた。

大きいお姉ちゃんが一番小さい子にゴン太を指して教えていたけど、植木の後ろのゴン太が見えなかったようで、行ってしまった。

それっきり関心を持たれなくて、ゴン太も落ち着いて風に吹かれてのんびりしていた。

  Dsc00930

夕方から夜にかけて公園で勉強してる人が1人、時には2人いる。

電話のやり取りを声を出して読んでる。すこし早口だけど言ってる意味は良く分かる。

ただ、聞くとすぐに あぁ~外人訛り。聞かれれば直してあげたいけど、一心に読んでいる。

交番が近いといっても夜の公園、外つ国の娘さん十分注意してね。

| | コメント (0)

珍しいもの見つけた!

昨日と打って変わっていい天気。と言うか朝から暑い。

読経もすんで納骨というときに、雨がパラパラ、傘を差そうか差すまいかというくらいに。

涙雨だったのかな~

納骨がすむとまた夏の日差しに戻ってた。

  Dsc00924

抜け殻は良く見るけど、幼虫は子供のとき以来じゃないかしら?

ゴン太がチョッチョッと手を出してたので、ゴキブリかと思って見に行ったら、これから羽化するのに木に登ろうとしてるセミでした。

  Dsc00918

ゴン太は2,3回木から落としていたけど、セミはめげずに木に登っていきました。

明日の朝には一人前?のセミになってるんだろうな。  

| | コメント (0)

今日は退屈

とっくに梅雨が明けたってのに、何時までもぐずついた天気がつづいて、今日も降ったり止んだり。とうとうゴン太の散歩に行かれなかった。

ゴン太もすることがなくてよく寝ていたけど、今は~っと、すがたが見えない。

ガラクタの奥にあるので、最初は気がつかなかったけど、ベランダのクーヤンの使った大きなトイレの中で寝ていることがある。

お米の入ってた袋を敷いてはあるけど、砂やら落ち葉が入ってるだろうに。片づけて掃除をしなきゃね。

  Dsc00911_3  鏡を見てるゴン太

明日は母の一周忌、ゴン太は母を覚えているかな?

母の布団に粗相して、よく怒られてたよね。

納骨をするので、雨が降らなきゃいいな。

| | コメント (0)

それはないよね

階段を下りていくと白ちゃんがいた。

「白ちゃん」と言うと 「ミ~」と返事をする。

「何か用?」と言うと 「ミ~ ミ~」と言う。

何か言いたいみたいなんだけど、ゴン太の姿を見ると逃げていってしまった。

  Mizuabi_2

 押し花とアイコンさんからお借りしました。 クリックしてみてください。

診察券何処に置いたっけ。夜中に突然気になった。

今日、専門病院の検査結果を話しに掛かりつけの医院に行く予定だったのだ。

1時間ばかり、アッチコッチの引き出しを捜したけど見つからなかった。

受付で「すみません、無くしてしまって」と恐縮しながらいうと、「返すのを忘れたみたいで、ここにあります」だって。

いくら探してもある分けないよね。

まぁ 検査の結果は経過観察ということですみましたが、もし手術となったら、ゴン太の餌やりを姪に頼むとしても、アレは懐かないから、どうなっちゃうか心配でした。

とりあえず、よかった。happy01

| | コメント (0)

ゴン太がプールを見たら?

ゴン太はおちおち昼寝をしていられない。

それは、爪を切ろうと狙われているから。

昨日からまだ2本しか切ってない、だってすぐ起きちゃうんだもん。

チャント見て切らないと危ないしね。

いまゴン太は、2回目の散歩から帰って、爆睡中。今切るといいかもしれないけど、よく寝てるから勘弁してやろう。

  Dsc00895

ゴン太、それお返しが入ってんだから下りてよ

  Dsc00897

ゴン太専用公園の入り口、山姥が長い足?だから越せるけどさbleah

  Dsc00898

保育園ではプールが始まって、目隠しのよしずを立てかけている。ゴン太の散歩は午前中は無いので、まだ見たことがない。

ゴン太が見たってどぅってこと無いか?

いや、モト男の子だしなぁ~

| | コメント (0)

白ちゃんの子

  Dsc00886

目の光ってるのが白ちゃんの子です。

10分位もこうしていたでしょうか、ゴン太の眼光に恐れをなして?動けないでいます。

ゴン太は威嚇するでもなく、ただ興味津々と眺めてました。これからもおとなしく眺めてるだけだといいのだけど。

ゴン太が階段の足音に気をとられてるすきに、こっそりと隣のマンションの裏庭に逃れていきました。

白ちゃんの子は真っ白だと思ってたけど、背中に大きな黒丸があり、しっぽのあたりも黒いようだった。

思っていたより大きくなっていて、白ちゃんに似て細身で、たぶん美猫です。

明るいときに会ってみたいものです。

| | コメント (0)

久しぶりに・・・

暮れなずんでいた公園に灯りがついて、「ゴン太 もう帰ろうよ」

えっ! また一回りするの?

さっきゴン太はこの子がいるのに気がつかないで、風に飛ばされた落ち葉を追いかけて飛び出した。この子もゴン太に気がつかなくて良かったね。

  Dsc00873

年配の飼い主さんに連れられて、時々出会うdogです。

夕焼け空なのにパラパラと雨が落ちてきた。

  Dsc00882

ゴン太はバイクの点検をしてる。

  Dsc00879

何気なく空を見上げた

  Dsc00876_2

虹だ! 何年、いや何十年ぶりだろう。

早く気がつけば、もっとハッキリしてたかも?と思うとちょっぴり残念

見ているまに薄くなって消えた。

何かいい事の予兆だといいな。まぁそれはないか。

| | コメント (0)

通せんぼ

今日の出発は6時。

まだ明るいのに誰も公園にいない。

ゴン太は、公園の隅を隅から隅まで捜索するも猫の子一匹いない。

ゴン太は探す。

  Dsc00866

近頃のゴン太は探しあぐねると、自分から階段を登る。

それはいいんだけど、

  Dsc00872

この状態が何時までも続く。

山姥はもういい加減にしてと思いながら階段の上に座り込んでるので、階段を上がってきた人をゴン太の紐で通せんぼしてしまうことがある。

階段脇の壁から、若い女の子が顔を出して山姥のほうを見た。

あっ! ごめんなさい。

通せんぼしてたのに気がつきませんで。

| | コメント (0)

花火

公園に行くと30人くらいの親子がいた。

8時すこし前。こんな時間にしては沢山の人たち。

しばらくすると、子供達が花火を持って公園を走り回った。

花火って結構煙が出るんですね。公園中モウモウとけぶってました。

さぞかし蚊がビックリしたかも?

  Dsc00864

ゴン太は公園の入口のほうに行きたいけど人がいるし、煙も凄いしで、何回か行きかけたけど戻ってきた。

駐車場にも白ちゃん一家はいないし、すごすご引き上げたゴン太でした。

| | コメント (0)

今日のゴン太

昨日の傷は痛むことなく、膿むこともなく、傷口が塞がったようだ。

ゴン太は怒られているのを承知しておとなしいのか? それともゴン太が怒ってるのか?

夕べも今朝も近寄ってこなかった。

     Ufukuro_s

仕事から帰って、母の仏壇の前に、今日はやなことがあった~と座り込んでいると、ウロウロとゴン太が歩き回る。

話し込んでると、腕にそっと手を載せてきた。

     Ashiagete_s2_2   ごめんなさい。どなたにお借りしたのか?

階段の踊り場から子猫が見えた。ゴン太は急いで下りる。

駐車場は1mほど土地が低く、フェンスの向こうに30センチくらいの塀があって、隅っこにいる子猫たちは見えない。

それでもゴン太は粘ったけど、何時まで待っても見えないので公園を一回りしてきた。

駐車場の入り口から白ちゃんが入ってきた。ゴン太は塀の陰で見えないが山姥を見て、回れ右して行ってしまった。

白ちゃん子猫は置いてきぼりかい?

    Kyu4   Kyu4_3   Kyu4_2

ゴン太は自分から階段を上がり、風に吹かれながら子猫を眺めてた。

| | コメント (3)

やられたっ!

仕事に行く前と帰ってからず~っと探し物をしてたので、散歩の時間が遅くなった。

公園に着いたとき、白ちゃんがゴン太の前に出てきた。

ちょっと 近すぎるでしょ

もちろんゴン太は追いかけます。

公園の柵を飛び越え駐車場にいくも、すでに白ちゃんの姿はない。

ゴン太はフェンス越しに駐車場を見ている。山姥は1mほど後ろに立っていた。

いきなりゴン太が飛び掛ってきた。

Dsc00860結果はこれ

お前が遅いから逃げられたと言わんばかりに、やられたっ! annoy

今日の散歩はこれでおしまい。

ゴン太を家に閉じ込めて、公園にとって返して花壇に水をやってきた。

家に帰ると、ゴン太はゴン太で面白くないと膨れっ面をしていた。

  Dsc00857

外に出ると、闘争本能全開 ちょっと困るんだよな~

| | コメント (0)

子供に弱いゴン太です

今日も「なんて名前だっけ」「ゴンちゃんよ」と、保育園帰りの男の子と女の子

触りたいといって、ゴン太の返事も待たずにゴチョゴチョ

ゴン太観念したのか怒りもせずに、へっぴり腰で逃げ出すけど、すぐに追いつかれる。

えっ! ゴン太がゴロンゴロンをした。

子供達が喜んでる隙に逃げ出した。ゴン太の作戦がちと思いきや、また追いつかれた。

いつものことながら、引っかかれないかだけが心配。

  Dsc00837

甘い香りの梔子もそろそろ終わりですね。

  Dsc00846

落ちてきたバスタオルをバイクに掛けた人がいる。ゴン太はチエックします。

  Dsc00839

駐車場の白ちゃん一家を何とか見つけたいものと、張り込みます。

| | コメント (0)

なんて気の荒い

夜になっても暑いですねぇ  昼間の風はどこに行ったたんでしょうねぇ

駐車場では、白ちゃんに見守られて子猫が飛んだり跳ねたり、走り回ってる。

はい、ゴン太めは狙ってますよ

フェンスの下に入り込もうとしたので引っ張り出すと、パンチを繰り出そうと飛び掛ってきた。

なんて気の荒い猫だ angry

ブリショが穏やかで飼いやすいなんて、嘘ばっかり。ゴン太の気の荒いのは飼い主に似たわけじゃありませんよ。これホントよ bleah

  Photo_2

  アンの小箱さんにお借りしました

ご近所の老婦人の方に、ゴン太が女の子に触られた話をしたら、私も触りたいのにと残念がっていました。23年も飼っていた猫がいたそうで、「いじめたりしないのに」と。

ゴン太はどなたにも紐一杯まで距離を置くので、引っかかれるのを覚悟で近づかない限り無理なんですよね。ごめんなさいね。

| | コメント (0)

いそがしい?

今夜は忙しい。

左目はハリーポッター、右目は都議選

結局どっちも良く分からなくなっちゃって、ハリーは録画を撮ってるからまあいいか。

  Syabonkingyo

押し花とアイコンさんからお借りしました。

今日はゴン太の写真を撮る出来事がなくはないんですが、撮り損ねました。

昨日のニャンコと追いかけっこをしたんですよ。それで山姥もドタドタ走らされました。

駐車場に逃げ込まれて、いつものように見失って、すごすごと帰りました。

今は疲れたのか、のび~っと寝ています。

| | コメント (0)

ゴン太の女難?

女の子に迫られて、ゴン太しょうがなくエノコロ草を食べた。

  Photo

喜んで女の子はクローバーや他の草を食べさせようとしたけど、それはムリだよね。

ゴン太は人の入れそうにない木の茂った中に逃げ込むんだけど、女の子も潜り込む。

ゴン太が切れて顔でも引っかきゃしないかとハラハラのしどうし。

女の子の友達が帰りだしたので開放されたけど、迷惑そうな顔してでも草を食べたゴン太、親戚の人たちにも触らせないのにこの子には、首から背中から触られても逃げ出さない(逃げ出せない?)ゴン太、魅入られちゃった?

女の子のいなくなった後のゴン太は大あくび

  Sdsc00829

のんびりムード全開でした。

  Dsc00830

| | コメント (0)

かるがも?のあかちゃん

鳥の種類は分からないんです。仕事帰りに出会いました。

この川には鴨は沢山いるけど、子供づれははじめて見ました。すずめ位の大きさの子が5羽。水しぶきを上げて飛び立つのかなと思うと潜ったりして、なんともかわいい眺めでした。

  Dsc00820

  Dsc00822

今夜のゴン太は7時になっても8時になっても起きてこない。散歩は中止か?

そんなことがあるはずもなく、8時過ぎには散歩、散歩と騒ぎ出した。

  Dsc00823

餌を食べに来たところをゴン太に追いかけられてご機嫌斜めです。

ゴン太はそばに行きたくてかなり長い間周りをうろついていましたが、喧嘩させるわけにも行かず、引っ張って帰ってきました。

駐車場には白ちゃんと3匹の子がいました。階段の上から呼ぶと、塀のそばまで寄ってきて、私達を眺めてます。

可愛いheart04と思ってたら、ゴン太にパンチを食らいそうになったので、家に帰ることにしました。

| | コメント (0)

ゴン太~

朝、お線香と煙が強くて窓をすこし開けた。

あっ! ゴン太がいない!

まさか出て行かなかったヨネ。

ゴン太~ ゴン太~ 2、3回呼んだら

ベランダのガラクタの下からノソノソ出てきた。

ほっ!

  Dsc00818

保育園の砂場にかけるブルーシートが花壇の横に落ちていたのでフェンスに掛けてあげた。

そのときにゴン太の紐を踏んじゃったらしい。ハーネスが抜けてる。

あわてて首に掛けたが、いつものようにお腹に手を回そうとすると「シャー!」

それからはゴン太の天下です。

首輪が抜けないように騙し騙し2時間、やっと家に返りました。

ゴン太~ もう疲れたよ

| | コメント (0)

猫は噛みつく?

今日はcloudかなと思ってるといつの間にかrainが降り、降ってるなと思うとマンションの上のほうはsunが射してる、変な天気。

そんな訳で散歩は早めに行った。

「またあったね、名前なんだっけ」という子に会った。

「そばにいくと引っかかれるよ」といったら、その子の友達で、外つ国の血をひいてる顔立ちの子が「猫は噛みつくんだよね」と言い、「猫は引っかくんだよ」といわれていた。

子供達と話をするのはやっぱり楽しいな。

  Dsc00812

散歩から帰ると非常呼集が掛かった。

結局ナンダカ分からなかったけど、たまったストレスを解消したかったのかな?

カラオケで2時間夜遊びをしてきた。

夜出かけることがないので、ゴン太は変な顔をしていたけど。

カラオケ屋さんのご近所の皆さん、ぬかみそを腐らせてごめんなさい。

| | コメント (0)

ゴン太 改名か?

今日はゴン太が先に見つけてふっ飛んでった。

可哀そうに白ちゃん親子を蹴散らした。

あっ! ご安心を、フェンスのアッチとコッチですから。

ゴン太は白ちゃんや子猫を捕まえたら何をする気なのかな? まさか取って食おうというんじゃなかろうな?

いたずらゴン太じゃなくて、意地悪ゴン太に改名しなきゃならないかしら?

  Dsc00809_12            

今夜は風が強くて布団が飛ばされたようだ。でも、こんな時間まで気がつかないなんて、どうしたんでしょうね。

ゴン太のチエックはシッカリ入ります。

そうだ、夕刊に出ていたけど、同じ町内といっても広くて知らなかったんですが、民家やアパートが4軒も焼けたそうです。風の強いときは火事に気をつけなければね。

| | コメント (0)

わざわざ恐れ入ります

自転車から降りてゴン太のほうを見ている。球戯場にいたので何か言われるのかなと思った。

「猫なんですね。猫の散歩珍しいですね」って言われた。

本格的に暑くなればゴン太は夏痩せするけど、今はすこし小さめのシーズーくらいある。薄暗いところでは犬と間違われかねない。

この女の方も猫を飼っているけど怖がるので、抱っこしてすこし表に出るくらいと言ってらした。

「家のは抱っこダメなんですよ」というと、「それじゃあお散歩がいいわね」といって帰っていかれた。

  Dsc00801

  Dsc00803

今日のゴン太はちょっと遠くまで来た。

それはいいんだけど、dogと出会わないかそれが心配。もし出会ったら何処に逃がそうかと、キョロキョロしながら歩いている山姥でした。

| | コメント (0)

恥ずかしい・・・

ゴン太~ だから先に買い物に行きたいって言ったでしょ。

ゴン太がドアに張り付いて動かないから散歩に行ったけど、閉店間際のスーパーの売り場にはろくなモンが残ってないんだから。 

今日の夕食は・・・変な取り合わせで、恥ずかしくて書けないわ

恥ずかしいといえば、

    Dsc00797

  Dsc00798 

片づけ物の最中に、衣装ケースに入り込んであられもない格好に。

  Dsc00800

そんな写真を撮るなってか・・・悪かったな 

| | コメント (0)

いましたよ~

今日も階段の踊り場から下を眺めた。

白ちゃんが涼んでました。

「白ちゃ~ん」と呼ぶと上を向きましたが、動きません。しばらく眺めていたら来ました。白い子が二匹、ブチが一匹。いましたよ~三匹とも。

  Dsc00790

        白ちゃんと子猫

  Dsc00796

        三匹の子猫

それを見たゴン太なにを思ったか、振り向きざま私の足に猫パンチ。なんでよangry

下へ降りてフェンス越しに二匹の子猫を追うも逃げられ、白ちゃんは悠然と構えてゴン太を見てる。

もうやだ! 

爪を出して猫パンチ、三本も蚯蚓腫れ、三本目からは血がドクドク は大げさか。

何で? どうして2回も猫パンチされなきゃならないのよ?

  Dsc00791

 階段から白ちゃんたちを見てるゴン太です。

| | コメント (0)

やっぱり昨日は・・・

朝出かけるときに傘がなかった。

急いでいたので他の傘を持っていった。昨日仕事場に忘れたんだろうと思ったけど、傘立てには無かった。何処に忘れたのか一日中考えたけど思い出さない。

帰りのバスに乗ってようやく思い出した。

集合郵便受けから手紙やチラシを出して、傘を郵便受けに引っ掛けたまま帰ってしまったのを。

丸一日経ってしまったから無いだろうと思ってたけど、案の定、影も形も無かった。

「気がついた方がありましたら、届けてくださればうれしいです」と書いて張ってきたけど、帰ってこないだろうな。

やっぱり昨日はというのか今日はというべきか、良くない日だったみたい。

  Dsc00785

今日は保育園で子供祭りがあったようで、ゴン太と公園に行ったときに、浴衣を着た子供がお母さんやおじいちゃんおばあちゃんと帰っていくところだった。

ゴン太は人が近寄ってこなければ、沢山いても気にしてなくて、いつものように振舞ってた。

でも残念ながら、今日のゴン太の探し物は空振りでした。

  Dsc00786_2

だからって、何時までそこに座り込むつもりなの?

| | コメント (0)

今日は良い日?悪い日?

今日のテレビ占いはブルーな一日、明るい服を着ると良いだった。

明るい服がないから水色のTシャツで出かけたら、ホントにブルーな日だった。

15日は母の新盆だからと休暇を申請したら、16日に行事があるからと渋られて14日に休むことになった。16日の行事とは全然関係ない仕事なのに・・・

有能な方なんだろうけど、優しさをどこかに置き忘れてきてしまったんじゃないかといつも思う。

ゴン太は鼠色の猫だけど、一応ブルーと言うんだよね。

そのブルー猫をつれて今日も散歩に出かけた。

最近ゴン太が階段の踊り場から隣の駐車場を眺めるので、まねしてみた。

あっ いた!

隅の暗いところに白ちゃんが、その後ろに小さな子が一匹。

二匹して私達を見上げてる。

こないだゴン太がなにかの気配を感じてたのは、きっとこの子がいたんだね。

よかった! 一匹いたのなら他の子もどこかにいるかもね。

今日はそんなに悪い日じゃなかったかも。

公園を一回りして帰ってくると、もう白ちゃんたちはいなかった。

  Dsc00778

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »