« 水族館 | トップページ | 橋の猫 »

老婦人

バスを待っていると前にいた人が 

「この時間はなかなかバスが来ないんですよね」 と話しかけてきた。

やがてバスが来た。 

乗客は二人だけ。

お天気の話しなどしているうちに次のバス停について、降りていかれた。

降り際に大きな声で、運転手さんに

「ありがとうございました」 と声を掛け、

降りてからは、運転席に向かって深々と一礼。

それから、私に向かって、ニコニコしながら手をふってくださった。 

お返しに、最高の笑顔?でにっこり。 

気持ちの良い朝でした。 

|

« 水族館 | トップページ | 橋の猫 »

」カテゴリの記事

コメント

ちょとした、いいお話、さぞ気持ちのいい
一日だったでしょう。

人間の感情なんてものは、些細な事で
微妙に満足するものですよね。

情景が目に浮かび、文章も滑らか、拍手!!

投稿: ひがし | 2008年7月 4日 (金) 16時04分

 ひがしさん
つたない文章を褒めていただいて、恥ずかしいです。
ホントに些細なことで、心は動くのですね。
いつも優しい気持ちでありたいです。

投稿: 山姥 | 2008年7月 5日 (土) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水族館 | トップページ | 橋の猫 »