« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

老婦人

バスを待っていると前にいた人が 

「この時間はなかなかバスが来ないんですよね」 と話しかけてきた。

やがてバスが来た。 bus

乗客は二人だけ。

お天気の話しなどしているうちに次のバス停について、降りていかれた。

降り際に大きな声で、運転手さんに

「ありがとうございました」 と声を掛け、

降りてからは、運転席に向かって深々と一礼。

それから、私に向かって、ニコニコしながら手をふってくださった。 happy01

お返しに、最高の笑顔?でにっこり。 happy01

気持ちの良い朝でした。 heart01

| | コメント (2)

水族館

久しぶりに水族館に行きました。

昔行ったときとは大きく様変わりをしていました。

にぎやかないるかのショウは、

百円也のカッパを買って、水のもろに掛かるところで楽しみました。

006_4

  

  グリーンソーフィッシュ

 fish

007_2

  

    マンタ 

penguin    

S_011_2

  

  海中トンネル

pisces

S_033_2

   

 にぎやかしのお兄さんとお姉さん

| | コメント (2)

おまわりさん ごめんなさい!

玄関に出ていたゴン太が、虫を追ってお隣の前へ行った。 snail

しばらく虫と遊んでいたけど、ハッと気がついたんでしょうね、外に出たことに。

キョロキョロと周りを警戒していたが、思い切ったようにいつもの散歩道に出て行った。

植え込みで少し遊んで帰ろうとしたら、声高な話し声が聞こえてきた。

ゴン太逃げ出す。

つられて私もバタバタと駆け出した。

振り返ってみると、おまわりさんが見ている。 eye

立番をしていたおまわりさんが誰かと話をしていたらしい。

ゴン太は夜陰に紛れて見えないし、黒いレインコートの人がなにやらバタバタ走って階段を上がっていったので、何事かと思ったのでしょう。

家へ帰って時計を見ると、午前3時15分。 clock

不審者に思われてもしょうがないか。 coldsweats01

| | コメント (2)

ゴン太 その後

私が仕事から帰ってくるまで、ゴン太はまだコタツに入っています。

寒い時期には一度も入らなかったのに。

玄関を開けても、2~3分キョロキョロしているだけで、すぐ家に入ってしまいます。

おとなしい事この上ないのが少し心配です。

Dsc02877_2

壊れたリード

Dsc02882

ゴン太の好きな植え込み

| | コメント (0)

ゴン太 追いかけられる!

昨日の夜、いつものように散歩に出た。

ゴン太は塀とバイクの間を潜っていた。 と、ガタガタと下駄を鳴らして人がやってきた。

ゴン太は下駄の音に驚いてリードをつけたまま逃げ出した。

リードの手に持つところがコンクリートにぶつかって、ガッタン ゴットン と音をさせて飛んでいった。

ゴン太を探しに公園へ、呼んでも出てこない。

ゴン太の好きな植え込みに戻ったけど、いない。

もう一度公園と植え込みを探したけど、ゴン太の気配がない。

まさかと思いつつ家へ帰って、

「ゴン、かえって来た?」

「すごい勢いで帰ってきたよ」

ほっとする。 ひとりで家に帰れたんだ。

押入れに逃げ込んでいたゴン太は、リードをはずしてやると、今度はコタツに潜り込んでいった。

      shock shock   shock shock   shock shock

仕事から帰ると、迎えに出てこないので

「ゴン太は?」 と聞くと

今日は一度も出てこないと言う。

「ゴン太、ただいま」 と2~3度言うと、コタツから出てきた。

半日、飲まず食わずだったゴン太は、なんだかやつれたような顔をしていた。

リードの手の音が、下駄に追いかけられているように聞こえて 

とっても怖かったんだね。

リードの手、大破していたもの。

| | コメント (0)

大脱走!

金曜日の晩、明日は休みだから散歩も少し長めになんて思いながら、植え込みの縁石に腰掛けていた。

しばらくおとなしくしてたゴン太が植え込みから出てきたけど、リードがない。

植え込みに潜り込んでみると、ハーネスごと抜け殻になってぶら下がっていた。

それからが大変!

小さな虫を追って

あっちで ジャンプ

こっちで ジャンプ

ハーネスをつけようとしようものなら 「シャー シャー」 と威嚇。

さんざ逃げ回って公園へ

公園だけならいいけど、隣へ行ってしまうと、帰り道が分かるまい。

ゴン太を追い回しているうちに、小さな犬をつれた人がリードを放して遊ばせ始めた。

何を思ったのか、犬に向かってゴンが走り出したからあせった!

「猫が逃げてつかまらない」 と言うと

犬を繋いで、その人は迎えに来たご主人と帰って行った。

ゴン太はまた植え込みへと移動。

どうしても捕まえられない。

いったん家に帰って、キャリーバックに 「するめ」 を入れて戻った。

「するめ」 に釣られて入りかけたのをムリムリ押し込んで鍵を閉める。

後はどんなに暴れても 「もう こっちのもの」

2時間半の大捕り物でした。

初めて外を自由に飛び回ったゴン太は、小さいときのように小さく口をあけて 「はぁはぁ」 と息をしているのがとても可愛かった。

キャットランなんていうのがあるといいのにね。

後日談があるの つづきは明日

あら! もう日付が変わってる。

おやすみなさい。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »