« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ゴン太はコタツで・・・

♪ねこはコタツで丸くなる~

   ♪ゴン太はコタツで長くなる~

家に来たときかたまってたゴン太。

最初の夜はコタツの隅で小さくなっていた。

すぐに夏になったのでコタツとはご無沙汰になったけど、この頃は姿が見えないとコタツで長くなっている。あつくなると顔だけ出す。

「いたい!」

いい気持ちで居眠りをしていた私の足をかむ。踏んづけたわけじゃないのに 「なんでよ!」

あのころの面影は微塵もない。

小さく丸くなってた身体と、今の顔の大きさは同じかもね?

| | コメント (2)

ゴン太と雪隠詰め

どこかでガタンと音がする。

またゴン太だと探しに行くが、どこにもいない。

どこ行った。

そういえば、さっきトイレに行ったとき、ついてきたなと思い出した。

ドアを開けて

「ゴン太!」と呼んだら

のそのそと出てきた。

雪隠(トイレ)詰めなんて言葉、知らない人も多くなっているだろうと思いながら、憮然としているゴン太の顔を眺めた。

| | コメント (5)

ゴン太が! まっ逆さま

お風呂に湯を張っていたら、水の大好きなゴン太がやって来た。

湯船の縁にのり、落ちてくるお湯にチョッ チョッと手を出しているうちは良かったけど、下にたまった水を覗き込んでいるとツルッと手を滑らせ、下にまっ逆さま!

いや、後ろ足だけかろうじて縁に乗っている。ゴン太の後ろに立っていたので、落ちる寸前にお腹をつかまえて床に下ろした。

ほんの数秒だったけど、手をばたつかせて、慌てふためいている姿は

おかしいやら、かわいいやら

皆さんにお見せしたかった。

今思い出しても笑っちゃう  フッ フッ フッ

| | コメント (6)

ゴン太それは無理よ

餌が食べたいときに、しまってある戸棚の前に座っている仔がいるという話を聞くが、ゴン太にはそれがない。

というより、缶詰のしまってある観音開きの扉が良くあいている。

確かに締めたのにと思っていたら、今日は缶詰が出ていた。

ゴン太、今日で生まれて丁度11ヶ月になったけど、ゴン太には缶詰を開けるのはまだ無理よ。

猫化けになるの急がなくてもいいからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴン太の妙な癖

シャリ シャリ  シャリ シャリ  音がする。

なに?

おせんべの袋の端を舐めている

シャリ シャリ  シャリ シャリ

里芋の袋の端を舐めている

硬いビニールの袋の端を

シャリ シャリ  シャリ シャリ

舐める。

| | コメント (0)

正月早々ゴン太が・・・

大晦日に遅くまで起きていたので、元旦の夜に見たい番組が始まるのを待っているうちに眠ってしまった。

番組が終わるころ目を覚ますと、おばあちゃんがゴン太を探してる。

コタツにいなけりゃ最近お気に入りの押入れかな(こんなトコに入るなんて困ったもんだ)。

「まさか」といいつつベランダを覗いたおばあちゃん

「アッ!いた」

ガラス戸をあけると、ふてくされた顔?をしたゴン太が入って来た。

ゴン太がいるかもしれないと思いつつ、寒いから戸を締めたような気がする。それだと3時間以上この寒空に締め出されていたことになる。

「ゴン太 こういうときは鳴くんだよ」なんていってみる。ゴン太はあまり鳴かない。鳴いてもまだ子猫の名残か小さな声だ。聞こえなかったのかもしれない。

「ゴン太 ごめん」なんて言っていると、いつもダメッといわれている椅子をバリバリ引っ掻きだした。

怒りながらも缶詰を開けて機嫌をとる。

風邪をひかせなくって良かった。

   正月早々締め出されたゴン太でした。

| | コメント (0)

これがゴン太だ!?

200200gagakubyobu_8   

 あけましておめでとうございます。

 今年もゴン太ともどもよろしくお願いいたします。  

バケツの中に金魚の金ちゃんが一匹いる。おばあちゃんが商店街のお祭りで貰ってきてもう10年になる。

クーヤンは金ちゃんを見向きもしなかったけど、ゴン太は興味津々。眺めたり、手を突っ込んだり、バケツのふちに乗ったりと、いくら怒こっても効き目がない。

ほかの事で怒ったら、金ちゃんのバケツに飛んでって、手をバケツにバシャ!と突っ込んで逃げてった。

これがゴン太だ!?  悪い奴!

ゴン太が夜中にバケツをひっくり返して、金ちゃんは瀕死の状態で見つかった。手厚い看護(?)で一命を取りとめたけど、金魚色だった金ちゃんは全体に白っぽくなり、背中に赤い模様が出て、錦金魚(?)になっちゃった。

やっぱりこれもゴン太のせい?

           

   雅楽の絵は押し花とアイコンさんからお借りしました。

   クリックしてみてください。            

| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »